PicoWay(ピコウェイ)

ピコセカンドKTP/Nd:YAGレーザー
PicoWay(ピコウェイ)は、ナノ秒よりもさらに短い数百ピコ秒(30億分の1秒)という極めて短いパルス発振により得られる高いピークパワーを有する医療用レーザー装置です。これにより周辺組織へのダメージを最小限に抑え、少ない治療回数で安全で効果的な治療を実現します。従来の光熱作用が少なく、光音響効果が優位になることにより、標的となる色素粒子をより細かく破砕します。破砕された断片はマクロファージによって貧食作用を受け、リンパ管を通して体外へとゆっくり排出されます。
医療用レーザー装置ピコウェイ

製品特長

保険適用
太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着症
注) 乳幼児加算
注) Qスイッチ付ヤグレーザー照射療法として保険算定

4 Major Advantages of PicoWay Technology

波長532nm、730nm、1064nmの3波長を1台に搭載

532nmと1064nmに加え、PicoWayに新たに第3の波長 730nmハンドピースが追加されました。それぞれの波長の特性を活かし患者様の症状や治療のニーズを合わせての使い分けや組み合わせが可能となります。 532nmは、1064nmと比較してメラニン色素に対する吸収率が高いため、良性色素性病変に対してより効果的に治療することができます。1064nmは、深達性に優れておりメラニン色素への吸収が少ないことから、表皮へのダメージを抑え、安全に治療することができます。 730nmの波長は血液の干渉がもっとも低く、血管損傷を抑えられます。また、メラニンへの選択性が高い特性があり色素性疾患に、より効果的な治療が可能となります。皮膚深達性にも優れており、浅在性から深在性の色素性疾患治療に最適です。従来の波長だけでは難しかった青・緑色の刺青除去にも対応可能です。

ピコ秒パルス発振

波長532nmは294ps、波長1064nmは339ps、また波長730nmは246psの業界最短のパルス幅を有し、Qスイッチレーザーのナノ秒よりもさらに短い発振時間のピコ秒でレーザーを照射することで、皮膚に与えるダメージが少なく、安全で効果的な治療を実現します。

高いピークパワー

波長532nmは0.69GW、波長730nmは0.41GW、波長1064nmは1.19GW、の高いピークパワーを有しています。ピコ秒発振により、ピークパワーが増大するとともに標的となる色素粒子をより細かく破砕し、少ない回数でより高い治療効果をもたらします。

ハイスピード照射

最大で10Hz(1秒間に10ショット)まで設定でき、ハイスピード照射が可能なため、治療時間の短縮が可能です。

PicoWay 保険適用について

診療報酬の改定が行われ、この改定により、「J054-2 皮膚レーザー照射療法」にQスイッチ付きヤグレーザーが追加されることとなりました。そのため、Qスイッチ付きヤグレーザーを使用しての太田母斑、異所性蒙古斑、又は外傷性色素沈着症へのレーザー照射療法が保険算定されることとなりました。
これにより、弊社が販売しております「ピコセカンドKTP/Nd:YAGレーザー PicoWay  (承認番号:23000BZX00270000)」に関しましても、Qスイッチ付ヤグレーザーとして保険適用され、上記のレーザー照射療法が保険算定されることとなりました。
大田母斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着症については、保険適用疾患となります。

対応する診療報酬項目
J054-2 皮膚レーザー照射療法
Qスイッチ付レーザー照射療法
イ4平方センチメートル未満2,000点
ロ4平方センチメートル以上16平方センチメートル未満2,370点
ハ16平方センチメートル以上64平方センチメートル未満2,900点
ニ64平方センチメートル以上3,950点
注)3歳未満の乳幼児に対して皮膚レーザー照射療法を行った場合は、乳幼児加算として、2,200点を所定点数に加算する。

通知(抜粋)

(1) 皮膚レーザー照射療法は、単なる美容を目的とした場合は算定できない。
(2) 「一連」とは、治療の対象となる疾患に対して所期の目的を達するまでに行う一連の治療過程をいい、概ね3月間にわたり行われるものをいう。例えば、対象病変部位の一部ずつに照射する場合や、  全体に照射することを数回繰り返して一連の治療とする場合は、1回のみ所定点数を算定する。
(3) 皮膚レーザー照射療法を開始した場合は、診療報酬明細書の摘要欄に、前回の一連の治療の開始日を記載する。
(5) 「2」のQスイッチ付レーザー照射療法は、Qスイッチ付ルビーレーザー照射療法、ルビーレーザー照射療法、Qスイッチ付アレキサンドライトレーザー照射療法及びQスイッチ付ヤグレーザー照射療法をいう。
(6) Qスイッチ付レーザー照射療法は、頭頸部、左上肢、左下肢、右上肢、右下肢、胸腹部又は背部(臀部を含む。)のそれぞれの部位ごとに所定点数を算定する。また、各部位において、病変部位が重複しない複数の疾患に対して行った場合は、それぞれ算定する。
(10) Qスイッチ付ヤグレーザー照射療法は、太田母斑、異所性蒙古斑又は外傷性色素沈着症に対して行った場合に算定できる。
(保医発0305第1号 別添1医科点数表より抜粋)

製品仕様

JMDNコード

35940000

一般的名称

ネオジミウム・ヤグレーザー

販売名

ピコセカンドKTP/Nd:YAGレーザー PicoWay

レーザータイプ

フラッシュランプ励起式 Nd:YAGレーザー

波長

532nm, 730nm, 1064nm

スポットサイズ

2-10mm(1mm刻み)

フルエンス(最大)

532nm:6.25J/cm2
730nm:6.25J/cm2
1064nm:12.5J/cm2

パルス幅

532nm:294ps
730nm:246ps
1064nm:339ps

ピークパワー

532nm:0.69Gigawatts
730nm:0.41Gigawatts
1064nm:1.19Gigawatts

繰り返し周波数

最大10 Hz

本体寸法

41cm(W)×76cm(D)×109cm(H)

本体重量

125kg

定格電源

単相 200 V 50/60 Hz 30A

医療承認番号

23000BZX00270000

クラス分類

クラスIII(高度管理医療機器・特定保守管理医療機器・設置管理医療機器)

アクセサリー

ズームハンドピース

フットスイッチ

ディスタンスゲージ

保護メガネ

ゴーグル(患者用)

キャンデラのスペシャリストにお問い合わせ

PAGE TOP
あなたは医療関係者ですか?

このページは、医療関係者を対象に、医療用機器を適正にご使用いただくことを目的にしたものです。一般の方に対する情報提供を目的としたものではない事をご了承ください。