CO₂RE フラクショナルモード搭載 炭酸ガスレーザー

CO₂REは、皮膚のフラクショナルリサーフェシングを目的とした軟組織の蒸散に使用する美容レーザー装置として、国内で初めて医療機器製造販売承認を取得しました。


フラクショナルレーザーリサーフェシングとは、レーザー照射によって皮膚に微細な穴(ドット状)を開けることで、色素沈着やダウンタイムなどのリスクを最小限に抑え、皮膚を新生させることです。CO₂REという製品名は、CO₂ (炭酸ガスレーザー)とResurfacing(リサーフェシング)の2つの単語を組み合わせて作られた造語です。

CO₂RE

製品特長

6つの多様な照射モード

CO₂REは、症例に応じて多様な6つの照射モードを選択することが可能です。

フラクショナルモード

リサーフェシング用のフラクショナルモードには、4つの照射モード (Light, Mid, Deep, Fusion)があります。Fusionでは、表皮と真皮中層を同時に照射することが可能です。

CO2RE Fractional Mode
CO2RE Classic Mode

クラシックモード

ハイパワー・超短パルスの照射により焦げが少なく、周囲への熱ダメージや炎症反応も軽度で瘢痕化しにくいモードです。

サージカルモード

100%アブレージョン用のサージカルモードでは、パターンサイズを選択することができます。高性能スキャナーにより、照射密度と蒸散深度を最適にコントロールし、皮膚を均一に蒸散することができるため、傷の治りを早くして、ダウンタイムを最小限に抑えます。

軽量で操作性・可視性に優れたハンドピース

先端のハンドピースを付け替えることなく照射モード(Fractional/Surgical)を変更することができる為、交換する手間が省けます。高性能スキャナーが本体に内蔵されている為、ハンドピースは非常に軽量で操作性が高く、治療部位の視野を確保できるのでスムーズで正確な治療を行うことができます。

国内初!”フラクショナルリサーフェシング”で承認

本品は、皮膚のフラクショナルリサーフェシングを目的とした軟組織の蒸散に使用するレーザー装置として、国内で初めて医療機器製造販売承認を取得しました。フラクショナルレーザーリサーフェシングとは、ミクロ単位以上の微細なレーザーを照射することで、表皮を蒸散、かつ真皮上層から中層に適度な熱変性を与え、適度に熱変性した真皮に収縮が起こり、創傷治癒過程で、コラーゲンの再編成を促し、肌の再生を促進させ、新しい皮膚に入れ替える治療法です。

使用目的又は効果

本品は、皮膚のフラクショナルリサーフェシングを目的とした軟組織の蒸散に使用する。
また、正常軟組織の切開、病変組織の切除又は蒸散に使用することもできる。

高度管理医療機器 / 特定保守管理医療機器 / 設置管理医療機器

製品仕様

販売名

フラクショナルモード搭載 炭酸ガスレーザー コア

一般的名称

炭酸ガスレーザー

類別

器31医療用焼灼器

JMDNコード

35939000

レーザータイプ

RF励起式炭酸ガスレーザー

波長

10,600nm

発振モード

パルス

スポット径

150μm (*120μmオプション)

スキャンサイズ

最大10 mm

ピーク出力

最大60 W

パルス繰り返し数

最大16.7 KHz

パルス幅

2 ~ 1166 μsec

レーザー導光方式

7関節アーム(空気圧式調節)

ガイド光

赤色ダイオード(650-nm)

本体寸法(W×D×H)

40cm x 44cm x 177cm(アームを含む)

本体重量

26 kg

電源電圧

100V, 7.1A, 50/60Hz

冷却方式

空冷

医療機器承認番号

22900BZX00428000

クラス分類

III

付属品

スタンダードハンドピース
サージカルハンドピース
フラクショナルハンドピース

アクセサリー

ゴーグル(患者用)
保護ゴーグル
キャンデラのスペシャリストにお問い合わせ
PAGE TOP
あなたは医療関係者ですか?

このページは、医療関係者を対象に、医療用機器を適正にご使用いただくことを目的にしたものです。一般の方に対する情報提供を目的としたものではない事をご了承ください。