GentleLase Proの多彩な魅力 | シネロン・キャンデラ | 医療用レーザー装置

GentleLase Proの多彩な魅力

西新町二丁目クリニック 副院長 皮膚科・美容皮膚科担当の斎藤 美菜子 先生

幅広いご要望に応える1台。だからこそ、経営的なメリットも大きい。

斎藤 美菜子 先生

西新町二丁目クリニック 副院長 皮膚科・美容皮膚科担当

医学博士
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
日本美容皮膚科学会会員
日本レーザー医学会会員
略歴
平成11年 獨協医科大学 医学部卒業
日本大学付属板橋病院 総合臨床研修医
平成13年 徳島大学 皮膚科入局(医員)
平成18年 徳島大学 皮膚科 助手
平成20年 徳島大学病院 診療支援医師(皮膚科)
平成22年 西新町二丁目クリニック開院 副院長

大学病院時代に向き合っていた患者様の悩みが、美容治療を学ぶきっかけに

はじめに、レーザー治療に携わることになったきっかけについてお聞かせください。
  
斎藤:以前は大学病院で一般的な皮膚科治療を手がけていて、美容医療に携わったことはありませんでした。ただ、保険診療においても患者様からシミ・シワといった美容領域のお悩みのご相談を受けることが多かったため、開院するにあたって本格的に美容治療の勉強に取り組むように。そのなかで、レーザー治療と出会いました 。

医療用脱毛レーザーとして、表在性の 良性色素性疾患での薬事承認を得た GentleLase Pro 散在性のシミの治療において頼れる存在

―クリニックには主にどのような目的で来院される方が多いのでしょうか?   

斎藤:最もご要望が多いのは、脱毛です。また、そばかすやシミの治療で来院される方も多いですね。 ―このたび、導入されているGentleLase Proが表在性の良性色素性疾患での薬事承認を取得しました。使用感についてお聞かせください。   

レーザー治療を手がけて10年以上になりますが、そのなかでもGentleLase Proは、散在性のシミ治療に強いという印象です。そばかすや、5mmほどの小さい日光黒子に照射する際、全体に当てていくことができますから、いっぺんに肌をキレイにできるのが魅力だと思います。大きめの日光黒子には、DCDガスをオフにする方法がありますが、当院ではQスイッチレーザーがあるので、基本的に大きいシミがある場合は別の機器で対応するようにしています。

GentleLase Proで患者さんのレーザー治療をしている斎藤 美菜子 先生。
診断で正しく見極めることによって、 シミを濃くしたり炎症を起こしたりする リスクを回避

―治療の際に注意されていること、トラブル回避のポイントを教えてください。   

斎藤:シミといっても、種類はさまざまです。そのため、まずは治療対象となるシミを正しく見極めることが大切になります。たとえばGentleLase Proの適応は、表在性の良性色素性疾患なので、深在性のものに照射しても効果が得られなかったり、逆にシミが濃くなったりするリスクもあります。また肝斑も照射すると濃くなってしまい、乾燥や湿疹、皮膚炎があると刺激になって炎症後色素沈着となってしまうことも。診察時に肌の状態をきちんと把握し、いかに正しく診断するかが肝心だと思います。  

―ニキビのある患者様への照射は行いますか?   

斎藤:熱作用によってアクネ桿菌が減り、ニキビが改善するというメリットもあります。しかし一方で、照射することで一時的にニキビが悪化するケースもあるため、事前にお話をし、了承を得られた上で施術を行っています。

くすんだ肌にはピーリングをセットで提案 古い角質を除去することで、レーザー照射 の効率もアップ

―GentleLase Proでの表在性の良性色素性疾患治療と併用する治療として、効果的なものを教えてください。   

斎藤:30代後半以上の方の場合、肌全体にくすみが出ていることが多いため、一緒にピーリングを行うことをおすすめしています。ピーリングは、お肌のターンオーバーを整え、古い角質を取り除けるので、レーザーが入り込みやすくなるからです。ちなみにGentleLase Proを使った治療は、ピーリング後の同日中に行えます。  

―他の治療器とどのように使い分けられていますか?   

斎藤:散在性のシミにはGentleLase Pro、大きいシミにはQスイッチレーザーなど、その機械が得意な分野に合わせた使い分けを行っています。また、レーザー治療後に絆創膏をするのが嫌な方、痂疲で一時的にでも黒く目立つ事がご希望ではないという方には、ハイドロキノン、トレチノインなど外用療法も使うようにしています。

―治療後のケアはどのように指導されていますか?   

斎藤:照射直後のケアとしては、クーリングをして、ステロイド外用剤のストロングクラスと保湿クリームを塗ります。また、すべてのレーザー治療において共通ですが、照射後に出てくる赤みに刺激を与えないことは必ず指導しています。こすったり、日焼けをしたりすると、炎症を起こして色素沈着しやすくなりますから。そのため、洗顔や保湿ケアの際にも注意するようにお伝えしています。肌も乾燥しがちですので、保湿クリームを多めに使っていただくことも大切です。メイクは許可していますが、何もしない日であっても日焼け止めは最低限塗るようにお願いしています。

多数の機能を兼ね備えたGentleLase Proは、高い満足度だけでなく、 経営的にもメリットが大きい

―医療用脱毛レーザーで表在性の良性色素性疾患も治療できることのメリットは何だと思いますか? 斎藤:患者様にとっては、脱毛とシミ治療が一度にできることは大きなメリットだと思います。熱が入ることで毛穴の開きも少し小さくなり、トータルで見て肌がキレイになるので、満足感も感じやすいと思います。また経営的な視点から言うと、1台で複数の治療効果があるのは、スタート間もないクリニックには非常に魅力的ではないでしょうか。どうしても最初は患者様の数も少ないですし、台数をそろえるのはなかなか大変ですから。その中で、1台でできるだけ多くのご要望に応えられるのは大きいと思います。ただ、予約が増えてくると施術対応できる枠が少なくなりますから、ある程度で2台目以降の導入が必要になると思います。当クリニックでは、導入から1年過ぎたあたりでレーザーフェイシャルと脱毛の予約が取りにくくなり、約1年ペースで1台ずつ増やしていき現在は5台体制で行っています。

―クリニックで力を入れている施術や美容治療コースを教えてください。   

斎藤:力を入れているのは、脱毛とピーリング、レーザーフェイシャルやシミ治療です。最近はたるみの治療も増えていますね。レーザーフェイシャルの場合、痛みの不安を持っている方も多いため、当クリニックではトライアル料金を設けています。また、レーザーフェイシャルは、1・2回で変化が表れるものではなく、継続することで肌がキレイになっていく治療です。もちろん1回ずつのお支払いも可能ですが、基本的に5~10回が目安となるため、5回コースやピーリングとのセットメニューなど、まとめたコース料金もご用意しています。コースの方を少しお安く設定しておくと、患者様も続けやすくなると思います。また、当クリニックの脱毛に関しては若い層の方の来院が多いため、比較的料金は低めに設定しています。脱毛が入口となってシミ治療にもつながっていくこともあるので、患者様にとって敷居は低い方が良いと思います。

何かを説明している姿の斎藤 美菜子 先生。
写真で定期的に記録を残すことが、 患者様の納得感、治療の継続につながっていく

―最後に、レーザーフェイシャルを行う上で大切にしていることを教えてください。   

斎藤:私が大切にしているのは、写真で定期的に記録をしていくこと。必ず施術前・後を写真で見比べていただくことで、きちんと治療の手応えを感じていただけるようにしています。多くの場合、患者様は肌の最初の状態を忘れてしまうので、「あまり変わっていない気がする」とか、シミのうっすらとした名残を見て「まだシミがとれていない」と勘違いしてしまうことが多いのです。しっかり説明するだけでなく、どれだけ効果が出ているかをご納得いただくためにも、写真で見ていただくことが大切だと思います。きちんとご納得いただくことで、治療を続けたいと思ってくださる方も多くいらっしゃいます。一番良くないのは、治療をするだけで放置することだと思います。 おかげさまで当クリニックのレーザーフェイシャルは導入して10年以上が経ちます。なかには半年おきに休みを入れながらも、10年近く通ってくださる方も。そばかすが気になっている患者様なので、どうしても時間が経つと色が出てくることが多いのですが、気になるタイミングになると来院いただけます。何度も通うことは手間のように思えますが、最初の写真と比べて薄くなっているのを確認していただくと「続けていてよかった!」と喜んでくださいます。これからも患者様のキレイになりたいという気持ちに寄り添いながら、ご満足いただける治療を続けていきたいです。

    Share on facebook
    Facebook
    Share on twitter
    Twitter

    注目商品

    Nordlys(ノーリス)はレーザーの単一波長とは異なり、波長域が広いIPL (Intense Pulsed Light)という光を照射します。 8種類のアプリケーターが使用でき、パルス数、パルス幅などの設定が可変可能なため、安全でかつ効果的な治療が行なえる次世代の光治療器の最新モデルです。

    Vbeam Primaは、皮膚良性血管病変の治療目的で設計された波長595nmのロングパルスダイレーザーです

    PicoWayは、ナノ秒よりもさらに短い数百ピコ秒(30億分の1秒)という極めて短いパルス発振により得られる高いピークパワーを有し、周辺組織へのダメージを最小限に抑え

    GentleMax Proは、レーザーの選択的熱作用により、長期的な減毛と、表在性の皮膚良性色素性疾患を目的とした医療用レーザー装置として、医療機器製造販売承認を取得しました

    GentleLase Proは、レーザーの選択的熱作用により、長期的な減毛と、表在性の皮膚良性色素性疾患を目的とした医療用レーザー装置として、医療機器製造販売承認を取得しました

    GentleYag Proは、レーザーの選択的熱作用により、長期的な減毛を目的とした医療用レーザー装置として、医療機器製造販売承認を取得しました

    CO₂REは、皮膚のフラクショナルリサーフェシングを目的とした軟組織の蒸散に使用する美容レーザー装置として、国内で初めて医療機器製造販売承認を取得しました

    サブパルス照射による利便性が増し、より大口径の照射スポットを標準使用することで治療時間が短縮されます

    ナローバンドUVBランフ10本を搭載しており、立位のまま半身ずつ紫外線治療を受けられます。扇状に聞くことで均ーかつ短時間に紫外線を当てることができます

    関連記事

    PAGE TOP